×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  會津人蔘の使い方

會津人蔘の使い方

煎じる

煎じる

煮出して飲む場合の使い方をご紹介します。

【作り方】
1リットルの水に2~5gの會津人蔘を(白毛ですと調整しやすいです)入れ、沸騰してから弱火で5~10分煮たらできます。

【注意】
一度にすべて飲むのではなく、1日の間で数回に分けて飲むようにします。風邪の時や胃腸の調子が悪い時は飲まないようにしましょう。

會津人蔘と人蔘のかき揚げ

會津人蔘と人参のかき揚げ

【材料】(2~3人前)
(調理時間20分 人蔘を戻す時間は除く)

  • 會津人蔘 2g(ひげ根)
  • 人蔘 1本(150g)
  • みつば 1把(10g)
  • 天ぷら粉 大さじ5
  • 水 大さじ5
  • カレー粉、塩 各適量
  • 揚げ油 適量

【作り方】

  1. 會津人蔘は水につけて20分ほどおく。
    ひげ根の水けを切っておく。戻し汁も取っておく。
    人蔘は皮をむき、千切りにする。みつばは根元を切り、3cm幅に切る。
  2. ビニール袋に人蔘、みつば、會津人蔘を入れて、天ぷら粉大さじ2をまぶしておく。
    ボールに天ぷら粉大さじ3と會津人蔘の戻し汁を入れて混ぜる。
    ボールにビニール袋の具材を入れて、混ぜ合わせて、全体に衣をまとわせる。
  3. フライパンに揚げ油を高さ2cm程度入れて、180度に温める。
    2を1/8量手でまとめて、ゆっくりと入れる。半量程度を入れて、2分ほど揚げて、返して、さらに2分ほど揚げる。
    残りも揚げて、取り出す。
    器に盛り付けて、カレー粉と塩を添えてできあがり。

會津人蔘とスペアリブのごちそうスープ煮

會津人蔘とスペアリブのごちそうスープ煮

【材料】(2人前)

  • 會津人蔘 10g(小口切、乾燥)
  • スペアリブ 300〜400g
  • しいたけ 3枚
  • キャベツ 1/4個(A)
  • 水 3カップ・酒 大さじ2・酢 大さじ1・青ねぎ 10cm分
  • オイスターソース 大さじ 2
  • 塩こしょう 各少々

【作り方】

  1. スペアリブは骨の薄皮に包丁で切り込みを入れる。
    肉と脂肪の間の筋を切る。
    しいたけは石づきを切り、縦半分に切る。
    キャベツは縦2等分に芯をつけたまま切る。
  2. フライパンに(A)1、會津人蔘を入れて20分煮る。
    具材は時折返す。
    液量が減れば、水を適量加える。
  3. オイスターソース、塩こしょうで味を調えて、器に盛り付ける。

アボカドとプチトマトの會津人蔘白和え

アボカドとプチトマトの會津人蔘白和え

<材料>(2人前)

  • 會津人蔘 2g(粉末)
  • アボカド 1個
  • プチトマト 100g
  • 絹ごし豆腐 1/2丁(150g〜200g)
  • レモン汁 小さじ1
  • A(塩 小さじ1/4 砂糖 小さじ1/2)

【作り方】(調理時間10分)

  1. アボカドは包丁で種を中心に縦にぐるりと切り目を入れ、両手で左右をずらすようにしてふたつに分ける。
    種に包丁の刃のつけ根を刺し、ねじるようにして種を取り除く。
    皮をむき果肉をはずして2cm角に切り、ボールに入れてレモン汁をふる。
    プチトマトはヘタを切り、横半分に切る。
  2. 絹ごし豆腐はキッチンペーパーで包み、手でつぶして、別のボールに移しておく。
    Aと會津人蔘を入れて、なめらかになるまで泡立て器で混ぜる。
  3. 1と2を合わせてさっと和えて出来上がり。

會津人蔘と大根の炊き込みご飯

會津人蔘と大根の炊き込みご飯

【材料】(3~4人前)

  • オタネニンジン 2g(粉末)
  • 米 2合
  • 大根 150g
  • 鶏ももひき肉 100g
  • A(酒、しょうゆ 大さじ1・塩 小さじ1/2)
  • 貝割れ菜 適量

【作り方】(調理時間10分 炊く時間は除く)

  1. 米は洗い、水けを切る。大根は皮をむき、1cm角に切る。
  2. 米を炊飯釜に入れて、目盛に合わせて、水を入れる。
    大さじ2の水を抜き、Aとオタネニンジンを入れてよく混ぜる。
    大根とひき肉を米の上に全体に散らして入れる。通常通りに炊く。
  3. 炊き上がりに全体をよく混ぜて、茶碗に盛り付けて、貝割れ菜を飾る。
    炊き込む具材は米の上に乗せて炊くことで米がムラなく炊き上がります。